カフェインレスコーヒーのメリット

subpage01

コーヒーには、カフェインが含まれています。

カフェインには、利尿作用や血管収縮作用などがありますが、依存性があり、夜に飲むと良質な睡眠がとれなくなるなどのデメリットもあります。

特に、妊娠中や授乳中などコーヒーは飲みたいけれどもカフェインは控えたい場合には、カフェインを90%以上除去したカフェインレスコーヒーが役立ちます。


カフェインレスコーヒーは、デカフェとも呼ばれています。
コーヒー豆からカフェインを除去する製法には、大きく分けて3種類あり、現在の主流は水抽出法に分類されるスイス式ウォーターメソッドです。


コーヒーは、カフェイン以外の成分でも自律神経を高めると言われており、高血圧や低血圧への効果は、カフェインが入っていなくても得ることができるとされています。



また、脂肪の代謝を高める効果があるとされ、ダイエットに効果的です。



カフェインを摂取することで得ることができると思われていた効果がカフェインレスコーヒーでも得ることができます。
カフェインが入っていないため、夜に飲んでも良質な睡眠を阻害されることがないなどカフェインのデメリットを気にせずに飲むことができます。
カフェインを除去することで、睡眠の質の向上や頭痛の回数の減少、PMSの減少、貧血の改善などの身体の変化があらわれることがあります。症状に心当たりがあっても、原因がわからない場合には、一度かフィンを抜いてみることで解決の糸口が見つかる可能性があります。

ガジェット通信について解説いたします。

専門知識

subpage02

カフェインを含むものとして広く知られているのはコーヒーですが、紅茶や緑茶、コーラなどの飲料やチョコレートにも含まれています。最近では、カフェインが身体に与える影響について人々の関心が高まってきています。...

NEXT

コーヒーの重要知識

subpage03

妊産婦さんや夜眠る前はコーヒーは控えるようにした方が良いという話は一般的ですが、どうして控えなくてはいけないのかというとカフェインが関係しています。カフェインは鉄分の吸収を阻害しますので貧血になりやすくなったり、女性ホルモンの分泌が過多になって肌荒れにつながるため女性にはあまり向いていない飲み物だと考えられていましたが、現在ではそのような女性のためにカフェインレスコーヒーというものがあります。...

NEXT

難しくないコーヒー

subpage04

コーヒーと言えばカフェインをイメージする人がほとんどですが、カフェインにはメリットもありますがデメリットも存在します。しかし最近では、カフェインレスコーヒーと呼ばれるものが存在しています。...

NEXT

コーヒーコラム

subpage04

仕事の合間に一杯のコーヒーを飲むと心がリフレッシュできます。本当なら豆を挽くところからできれば香りを十分に楽しむことができ最高の一杯が淹れられるでしょうが、それも手間がかかりますし、だからといってインスタントコーヒーでは手軽だけど味気ないです。...

NEXT